読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one day I remember

今思うこと、ある日いつか思い出す、その日のために

川上洋平さんの声

2年前ぐらい、ストレイテナーのホリエさんとの対談で、洋平さんが「ホリエさんのボーカルのうらやましいところはリラックスした声の感じを出せるところ」と言っていた。

ホリエさんもかつてはどちらかというと楽器と一緒になってガツンとこちらにあててくるような声だったが、最近は本当に聴いていて心地の良い歌声が響いている。

これはソロでの経験から「抜き唱法」とういうものを得た故のことだとか。

また、洋平さんはホリエさん自身のことを風のような人といっていた。その人となりは歌声にも表れているように思う。

 

そこで思ったのは。洋平さんの「声」だ。

そういえばあまり意識していなかった。何故だろう。

 

理由は簡単だ。声に興味を惹かれて好きになったわけではないからだ。

私が[Alexandros](当時[Champagne])に興味を持ったのは、SSTVで流れた「For Freedom」である。

英語ですらすらとかっこよく歌いあげてる、でもかっこいいだけじゃなくてメロディにグッとくる部分がある。

そこからあっという間に好きになっていった。

本人もインタビューで「自身の強みはメロディメイキングにある」といっているとおり、

私は彼の洋楽かぶれしない日本人にとってなじみやすく、それでいてドラマティックに展開するメロディに心底惚れている。

 

声や歌詞に引っかかっていては肝心の曲が聞こえてこないことがある。

歌が上手いだけでいいならJ-POPなんてジャンルはいらない。オペラやR&Bだけが音楽のすべてだろう。

歌詞がいいだけで売れるというなら、それこそ歌にのせずに紙面に文字を載せればいい。

心惹かれるメロディが耳に届いて、声や歌詞に寄り添う。それがJ-POPを楽しむ醍醐味だと私は信じている。

 

 

 

が、気になりだすと気になって仕様がなくなるのが「声」である。

メロディにのせて届く「声」は、ひとたびはまれば自分を癒す「薬」にも自分を犯す「毒」にもなる。

 

洋平さんの「声」は、何にたとえられるだろう。考えてみた。

 

1stアルバムの曲を聴くと、なんとなく、ぺたぺた、ぺちゃぺちゃした印象を受ける。

アーティストの歌声はしばしば自然にたとえられたりすることが多いが、洋平さんの声は「自然」や生命体といったものは感じられない。実際、洋平さん自身もこのころは自分の歌を楽器の一つぐらいにしか思っていなかったらしい。無機質に聞こえるのも無理もない。

そこでぱっと思いついた。この、ぺちゃっ!と声が叩きつけられて飛んでくる感じは、「ペンキ」だ。

某人気ゲームのようにペンキをあちこちに投げつけて、対象物を自分色に染め上げようとしているのだ。

他と混ざり合おうとすることもなく、ただ自分の色を投げつける。

2ndアルバムも引き続き「ペンキ」のようにぺちゃっと投げつけられ、今度はひたすらそこを塗りたくっているような「声」がする。色が1stのころより濃く、どす黒い。

 

変化を感じたのが3rdアルバム。ファルセットの導入である。

これにより、投げつけていたペンキの「声」は、柔らかな筆に繊細な色をしみこませ、優雅に紙の上を踊る「水彩絵の具」に変化した。

混ざり合うことを拒否していたものが、周りの楽器の音色、周囲の景色と混ざり合うことを心地よく感じている。ただ強く色をたたきつけていたものが濃淡を覚え、時に強く筆を押し、時に弱く筆を引いて鮮やかなグラデーションを描く。そんな歌声が聞こえる。

 

4th、そしてメジャー1stと枚数を重ねていくことに「水彩絵の具」による表現はひろがっていく。男性が豪快に大きな筆で火山を描いたかと思えば、今度は女性が澄んだ湖の水面を細い筆で一つ一つ描いている。声にフェミニンさが加わったことで、その筆を持っている人が男にでも女にでも変化しているのだ。

彼の「声」はけして自然物でたとえられるようなものではない。

けれども、その自然を生き生きと描くには十分すぎるほどの色と技量を持ち合わせるまでに至ったのではないだろうか。

 

 

洋平さんの「声」はバンドの武器として十分成立している。

そう確信した矢先のこと。

その歌声を「風のよう」と表現したくなるような曲が届いた。

「Feel Like」である。

 

 

「声」が「風」となって聴く人の髪、洋服の袖、スカートの裾を揺らしていく。

そんな画が一瞬にして浮かび上がった。(タイアップ先の映像によるものもあるが)

 なんて気持ちの良い歌声なんだろう。できれば、夕涼みの時間帯の夏フェスで聞きたいものである。

タイアップ先の楽曲メイキング動画をみると、とてもリラックスして歌っている洋平さんの姿。

2年前、先輩にあって自分にはなかったものを手にしている瞬間だった。

 

バンドのメンバー全員この曲を「今までにない新しい曲」といっており、

作っている側からもウキウキしているのが伝わってくる。

この曲は11月に発売されるニューアルバム「EXIST!」におそらく入るのであろう。

「Feel Like」以外にも洋平さんの進化した「声」によるこれまでとはちがった世界が広がっていると思うとそわそわする。

アルバム発売が非常に楽しみになる1曲である。