読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one day I remember

今思うこと、ある日いつか思い出す、その日のために

こびとてんちょう

この前行っていた、しばらくしたらまた1年生に戻るという話。 現実となりまして。 このたび、とあるお店の店長をやらせていただくことになりました。 えぇ、ベテラン中堅社員から、店長1年生になるわけです。 小学生が中学生になるようなものか。 入社する時はこれっぽっちも店長になるなんて思ってなかったのになぁ。 1年前に研修行った時ですら、いや研修は受けますけどまっさかぁーって思ってました。 そんなつもりもないのにかってに研修に呼ぶなや!って人事にかみつきもしました。ガブリ。 まぁ、いろんな人に諭されてやるだけやってみるかーってなるのに1年。 1か月前に、1か月後店長ねっ言われてやっぱりモヤモヤしつつも気を引き締めようと言い聞かせる日々。 変化が苦手な性分です。 人の変化を見るのは好きなんだけどなぁ。 自分の狭い心がさらに狭くならないかが。 自分の思いにこだわって人を圧迫させることのないようにしたい。 体は小人ですが心は巨人のごとく。 店長の肩書の左側に「小人」ってつけたい。 名刺もらったら1枚だけ落書きして手元に置こう。