読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one day I remember

今思うこと、ある日いつか思い出す、その日のために

SID Tour 2009 hikari in 石川厚生年金会館-その他諸々編-

  むううぅぅぅぅ、「Room」うらやましすぎるうぅぅぅぅぅ。地元うらやましすぎるうぅぅぅ。 あの曲すきだよ。仕事休みの日の朝に聞くのが最近のお気に入りですよ。 ゆうやんの曲、たしか前アルバムの感想のとき「ちょっぴり古臭い」なんていってましたけど訂正。 以前の曲は意外とかわいらしい曲がおおくて、今ちょっと一皮向けて大人になった曲が多いですけど 「Room」とか「and boyfriend」とかね。マオにゃんの歌詞がaiko並みにとびっきり女子になるんです。 そうそう、「and boyfriend」の"スニーカーに履き替え、背伸びやめて、少し泣いて"の部分、 「スニーカー」のところで片足ぴょこんとあげる、「背伸び」のところで、マイク持ってない方の手を頭の 上に持ってきて背伸びするポーズ、そして「少し泣いて」のところでえんえん泣きまねをするっていう あの一連のしぐさがかわいかった・・・ と、いうわけで、千葉公演のレポートがぞくぞく押し寄せる中、石川公演のレポ最終「その他もろもろ編」どうぞ。流れはむちゃくちゃです。 えっと、まずはアンコールの「妄想日記」でおきたゆうやんのドラムの入りミスについて。 これ、ちょうどアルバムの特典DVDでゆうやん語ってましたけど、大変なんですよ。 最後のサビに入る前の「今日も眠れない~」でいっかい演奏とめるんですよね。 で、客席からの声をありったけ頂戴するっていうお時間でして。 マオにゃんが「もっとー!」って何回か煽るんです。だけどそれが何回繰り返されるかは不明で。 ゆうやんもみんなと一緒に「うぉー!」って手を上げたいけどその後に入るサビがいつかわかんないから気い張ってないとだめで。うかつに手も上げられない。 今回も4,5回ほどの「もっとー!」があって、何回かもうサビにいくか!っていう時があって、 ゆうやんがものすごく前のめりになってるのが遠目からでも良く分かりました、笑 が、しかしその努力むなしく、するっとマオにゃんが「手紙に~」って歌い始めたときに 流れ出た音はギターとベースのみ。演奏ストップ。あちゃー・・・やっちゃいました。 マオにゃん、冷たい目線を誰かさんにおくりながら、客席に声をかける。 「はい、みなさんで。せーの! 『ゆうや、アウトー!』(ガキ使の笑ったら駄目企画みたいなノリ)」 これも「定番」なんですかね。そしてゆうやんの弁明が始まります。 「いや、さ、一生懸命構えててさぁ、何回かいきそうになってだまされたんだよ! それが・・・それが、おま、ぬるっと・・・ぬるっと手紙に添えられた・・・(寂)」 この、「ぬるっと手紙に~」っていうのが個人的にツボにきました。 ゆうやん「ぬるっと」って言葉よく使うよね。 「えー、会場にいるファンの皆さん、スタッフの皆様、 そしておなじステージ上にいるメンバーの皆様、 このたびは本当にすいませんでした。」 真顔です。真顔でいってます。だめ、笑う。 はい、お次はshinji君の大田胃酸体操。 体操っていっても自分たちがけして体操するわけではないのです。動くのは彼だけ。 っていうか、彼のせいで売り場で大田胃酸見るたびににやけてしまうのどうにかしてくれません? すんごい仕事に支障をきたすんですけど、笑 薬売り場でにやけてる店員に接客受けたかないっしょ? 「俺はぁー・・・胃腸が弱い。」 このフレーズが最初なに言ってるかわかんなくて呪文でも唱えてるのかとおもった。 さすが胡散臭い人。 「知らない人もいるだろうから説明しておく。俺が「大田ー」っていったらお前らは「胃酸!」って返すんだぜ。で、たまに「おおおおおおおおおおおーっった!」っていう時があるからそのときは「いいいいいいいいいいいぃぃーっさん!」って返すんだぜ。分かったか?いいな?」 この辺の口調がちょっとS的。やばい、ちょっと好きかもしんない。shinjiの『s』はSMのS!(メモ) 年上組がSですねー、このバンドは。あ、ラルクもそうかな。 「おおたー!」「いさーん!(咲)」×8(ぐらい) 「・・・おおおおおおおおおおおおおったー!」「いいいいいいいいいいいいいいいぃっさんー!」×2 「おおおおおおおーっ・・・・たぁ(ウイスパー)「いいいいいぃーっ・・・・さん(ウイスパー)」×3 踊り狂ってるshinji君も印象的でしたが、 個人的にとなりで体をくの字に曲げて大爆笑してる明希ちゃんがおかしかった。 明希ちゃんは時々へんなところで笑いのスイッチが入るみたいで。 人と違うところで笑うよね。B型ですね。 大田胃酸体操たのしかったでーす! でも、大田胃酸体操をやるには大田胃酸体操のための準備体操が必要ですね! あの人突拍子もなく勝手に動いてあとで痛い目見るタイプっぽいですもんね。 「循環」にて。 降りてくるかな、降りてくるかな・・・とおもったら本当にステージから降りて 客席駆け抜け始めたshinji君。と、ここまではある程度予想済み、だったんですが・・・・なんと。 気づいたらマオにゃんまで降りてきてるー!うっそおおぉぉぉー!ぎゃー! まぁ、残念ながら私の座ってる席から一番近い通路ではなく一番前のほうの通路をたたーっと かけぬけてましたが、それでも幾分か近くなってちょいと興奮しました。 shinji君は駆け抜けて下手からそそくさと上ってましたが。 マオにゃんが、下手側のあれ、どこにすわってたんだ?ってところに座ってわりと長いことそこにいましたね。付近にいた客席の人もう必死。何かに必死。腰に縋りつく勢い。 "どうか見捨てないでよと あんたの腰に縋っても 結局毎回同じ、さよなら、さよなら、さよならー" ってな感じでスタッフに守られながらステージにぶじ戻りました。おつかれちゃん。 私が唯一耳にしていなかった曲、メモ書きで「?」になっていた曲。 じっさいは「嘘」シングルに入ってたカップリングの「日傘」という曲で。 あれを最初私は秋の新曲だと勘違いしてました。結構メロディも秋っぽかったしさ。 で、客席に関してもフリ前回な前列の子達も妙に聞き入ってるわけで。 ものっすごく勘違いしました。でも、この曲はたしかに聞き入るほかにないわ。 おもため、切ない曲で、今のゆうやんが作る曲っぽかったんですがshinji君作曲で。 マオにゃんの歌への入り込みっぷりが半端なかったです、ほかの曲に比べて。 一瞬頭がボーっとしちゃったな。で、この曲ものっすごく好きになりまして。 あれからずーっとずーっと聞いてます。 で、この前何気なしに買ったいくえみ綾さんの「潔く柔く」の9巻を読んで、このストーリーと 日傘の歌詞の内容が近いなぁとおもって。で、なおさら好きになりました。 「潔く柔く」、いちからもっかいちゃんと読み直そう。すきなんです、いくえみ綾さんの漫画。 これでも少女マンガ読みますよ、それなりに。 最後に、エンドクレジット。終演後のメンバー。 上下移動して客席にあいさつ。(こんなんするんだ!) 一人ひとりマイク越しにしゃべってはけていく。(やさしすぎる・・・) マオにゃんとshinji君、おたがい下手に来たとき相手の手をとり「勝者!」といわんばかりに 手を上げる。手を上げられた側が、いやいやいやあなたのほうが・・・と手を振り相手の手を持って 「勝者!」と持ち上げる・・・そのやりとりが数回ありました。なんとなくこの2人は大人だ。 shinji君が上手に行くときに下手に行こうとしたゆうやんとすれ違う。すれ違いざまがっしりと握手 握手のあとに手をコンコンとあわせる。うー文章にしづらい・・・。 最後の最後に、SEとまってマオにゃんが地声で「愛してます!」 と、いうわけで、やっと書き終えましたああああ・・・・。ぐったり。でも満足。 初めていったシドのライブですのでもう何度も行ってる人にとってはそんなんわかりきってるよ! な、内容ばっかりだったかもしれません(とくに後半)が、きっと今回は私と同じような 境遇の人が多いだろうから、私が始めていって素直に思ったことそのまんま書きました。 これみて、まぁ、予習じゃないけどいろんな不安要素を抜いてくれればと思います。 あの、全然、狭くはないです。オープンです。 フリはやってみたけりゃ前の人の真似から入ればいいんです。 咲きたいときに咲けばいいんです。咲かなくてもいいんです。 「お約束」とは、ほどほどにお付き合いすればいいんです。自分が楽しめる範囲で。 意固地になってやらないよりかはやってみたら案外面白かったっていうのが正直な感想です。 それぞれです。それぞれの楽しみ方でこれからいくかたは是非。