読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one day I remember

今思うこと、ある日いつか思い出す、その日のために

年の瀬に思うこと

 

今年は本当に、荒れに荒れた芸能界。

今年を振り返ろうとした矢先にとどめのように入ってきたニュース。

それはあまりにも悲しいお知らせだった。

自分の好きなアーティストが過去にかかわったことのある俳優だったから

多少なり親近感がわいていた。

率直に言うと今ものすごくその週刊誌にむかついている。

 

そう、自分が好感を持っていたからこそ、だ。

ここで、ふと、今年の初めのころを思い返してみる。

紅白出演アーティストの不倫報道で、私が何を思ったか。

「ちょっとセンスが良くて、器用に何でもできて、いい気になって、調子こいて

奥さんいるのに他の女性(しかもちょっとウブそうな女性)をひっかけてんじゃないわよ。

こんな人、マスコミにつぶされて当然。

って、数年前の自分を棚に上げつつすんげー罵ってました。

まぁ、いい気味ぐらいに思ってましたよ。性格悪いねー。

興味ないもの、自分が気にも留めないものに対しては驚くぐらい残酷になれる、なってしまう。

 

 

某有名グループの解散騒動も、加熱する報道&ファンに対して、

「双方もうそっとしといてやれよ。たぶんこういうやりとりにうんざりしてるんじゃないの当の本人たちは。」

って冷めた気持ちで見てた。ファンの気持ちにこたえられるんだったらもうしてるって。あの人らどれだけ芸能界にいてどれだけの影響力持ってやってきた人なんだよ。

そんな人たちが何もできない。その事情も察しろよって、時間がたたないとどうにもならないんだって

思ってた。今もそう。こんだけ騒がれて、紅白出たいと思うか?

これも、自分がファンじゃないからこんな冷たいこといえてしまうんだろうね。

でも、今日ラジオで「らいおんハート」聞いてたらなんか泣けてきたわ。

失ったものをいつか埋めてくれる日が来ることを祈るよ。どんな形であれね。

 

 

立場が違えば、思うことは180度変わる。

自分が好きなバンドだったら、俳優だったらこんなこといわないし、上記の方々のファンのように、きっと自分も必死になって何かを伝えようとするし、あらゆる疑惑にNOと言い続けるだろうし、まぁ最悪人間性はだめでも作品は評価しようとするだろう。

逆に、自分が好きじゃなかったら、酷いことも簡単に言ってのけてしまう。

そんな醜さも自分の中に多かれ少なかれ・・・いや、けっこくたくさんあるんだと

思った年の瀬でした。