読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one day I remember

今思うこと、ある日いつか思い出す、その日のために

「EXIST!」感想 続き②

まだまだ続きます。「EXIST!」感想

 

6.Feel like

とりあえず、GLOBAL WORKがめっちゃ好きになる曲。

洋服買いたくなっちゃう曲。

っていうか、買ったわ。黒のチェックのシャツ買ったわ勢いで、笑。

これも、待ってました!っていう曲だなぁ。

メインディッシュが多かったなぁと思いまして、最近。

ものっすごく攻撃的でかっこいい肉汁たっぷりのステーキみたいな曲とか、

きれいめなメロディと歌詞で聴かせるうまみたっぷりのアクアパッツァみたいな曲とか、

こってりしっかり煮込んだシチューのような壮大なバラードとか

ちょっとおなかいっぱいだったところに

ものすごくきれいに飾られた前菜が届いたような感じ。この時点で前菜ではないけれども

イタリアンででる前菜3種盛りとか、丁寧に濾された野菜のポタージュとか

でてくるとちょっとうれしい人です。いいなこの店ってすぐ思っちゃう。

そういう、いい感じで抜け感のある曲です。風通りもいいね。

絵でもそうなんですが、線がたくさんつかわれて書き込まれてる絵とか、

がっつりこってり塗りたくられてる絵とかフィルターたっぷりかけた絵とか

最初はものすごく目を惹かれるんですが、飽きるのも早いんです。

新海誠監督の描く景色や空は確かにキラキラしてリアルで素敵なんだけれども、

わたしはやっぱりジブリの抜けるような青空が大好きなんです。

つまりは、線が少ないほうが私はずっと見ていられるし、手数が少ないことで

自分の想像の幅が広がるんですね。

音楽もそうなんじゃないかと。攻めてくるものより、私はこのちょっと引いた感じに

グッとくる。

あとはリズムのよさ。「ズン、タン、ズン、タン」って足の裏までついてとるような

日本人好みのリズムじゃなく、「ッタ、ッタ、ッタ、ッタ」って

つま先だけでとる裏箔のリズムに、日本人好みのメロディがのってくるっていうのが

私の一番ツボにくる曲なんです。

いやあ、好きだわ。ほんと好き。

で、これをメンバーが「今、この感じがバンドの中で新しい」と思ってくれていることが何よりうれしい。次にも期待がかかる曲です。

 

 7.Aoyama

 

どこまでオシャレな曲もちこんでくるんだ!

あーもーなんかよくわかんないけど悔しくてイライラしてくるぐらい好き(好きなんかい)

私がドロスを好きじゃなかったら鼻につく曲だったと思う。

なんだこの野郎って言いたくなったかもしれない。

でも好きなものはしょうがないので素直にかっこよくておしゃれな曲だということを認めようと思います。あー、でもなんか悔しさがにじみ出る。

この曲はPerfumeの「ナチュラルに恋して」ばりに街を歩く姿が思い浮かびあがりますね。

コートのポケットに手をつっこんでふらふらっと歩いて、時にターンしたりウインドウショッピングしたり。

「Feel like」と同様、アパレル系のタイアップついてもいいかもね!

ただ、歌詞は辛辣気味ですが。

なんだろうな、泣ける歌とか応援ソングにたいするアンチテーゼのようにもきこえるかな。

そういう曲が蔓延ってることに嫌気がさしてるような。

まぁ、かくいうドロスもテレビで紹介されている感じだと、歌詞が響いてきて泣けるだのなんだのといわれたりして

、結局中高生のあこがれとするバンドになってるわけで。

そこに、「いや、うちはそうじゃないんで。」みたいな一線を引いたちょっと冷たさを感じる内容なんだな。

曲で簡単に泣いたり励まされたりしてるけど、結局のところ自分が努力しない限りはどうにもならないのだから、

そういうのを曲に求めすぎるなよっていう感じにも読めるのね。

あくまで私が思ってるだけですがね!

山椒ぐらいのピリッと感はある。

どうでもいいはなしですが、サビ終わりの「it's gonna be alright, be alright, oh oh」

の歌いかたがuvertakuya∞さんのそれに似てるなって思いました。