読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one day I remember

今思うこと、ある日いつか思い出す、その日のために

the silver shining

L'Arc
月一で私の動向をお届けすることになっておりますこのブログ。 思うことはいろいろあれど、ここに書かないのは、もう、思うだけで十分なんだろうなって 最近気づいた。そうやってブログ書かなくなるんだな世の人はと実感。 昔は何かと知らしめたい欲求ってあったからねー。 そじゃなくて、今は聞くのが楽しいんだな。人の話とか。 あー、でも、ここ最近印象的なことをつらつらとかこうとおもいます。 出かけようと思ったら台風だし!最近しんみりモードで晴れないし。書こうぜ。おう。 今月、十五夜付近にものっすごくきれいな月がみれましたよね。 ちょうどアウトレットモールに行った帰りに満月見たんですけど煌々とひかっておりました。 そのちょっとまえの夕暮れ時に滋賀の地方のラジオからSMAPの「オレンジ」が流れてきまして、 じーんとしておりました。あのメロディがいいんですよね。秋の寂しさを持ちつつ優しいメロディ。 90年代のいいメロディ。歌詞も今は胸に響く。ごく当たり前の歌詞がね。 そのじーんとした流れから、ラルクの「the silver shining」をいれたら大泣きしろといわんばかりで。 個人的にいいセットリストができました。アーティスト違うけど、笑。 そ、「the silver shining」が今月の私のへヴィーローテーションなのでございます。 仕事で疲れてた帰りに、hydeさんのこっくりとした声がきもちよーく響く in 車内。 夕暮れから夜にかけてのタイミングでこの曲をかけると最高です。 ラルクの曲は普段づかいには向かない・・・けして毎日ずーっときいていたいという曲だとは 私個人としては思ってなくて、何か強い思いを抱いているときや特別なものを見たときに 聴きたくなるんだよなぁ。で、そういう感受性高い時に聴いちゃうからよりいっそう曲が濃くなって ますます好きになっちゃうっていうか。やっぱ人生のいい味の素になってますよ、kenちゃん。 あらためて、この曲を聴くと歌詞がいいですよね。 このころの歌詞ってまだどこかで天使だの悪魔だのいってるお肌ぱっつんぱっつんhydeさんの 若さが見えてたなーって思ってたわけですが、 この曲の歌詞って実は結構現実じみてる?たとえば・・・。 there is nothing I want I stay with you (そこに僕のほしいものはない、あなたとともにいる) and lose all stand still (すべてを失くしてもまだそこに立ちつくしている) つまりは、あなたがいればほかに何もいらなかったのに、あなたがいなくなって呆然自失してる ってことですよね?あらやだなんかわりとありがちな感じよ? それから"夜は街中の安らぎを灯す"って歌詞から想像できる景色。 これ、暗闇のなかでぽつぽつと明かりがともる家並のことをあらわしてるんだと思うんですね。 この景色非常に私も心を和ませるんですよ。和むと同時に妙にせつなくなるんですけど。 この景色を一番情感豊かに感じられるのがまさに、秋。 普通に考えて、夜になり、暗くなるから明かりを灯すんだろうけど、 この歌詞は主語が「夜」になってる。 「夜」という存在がそれぞれの家に安らぎの灯ををつけているという表現が好きです。 決定的なのは"せつない日々に心は泣いた ちぎれた恋は彷徨うばかり"の「恋」ですよね。 hydeさん「愛」とか「愛しい」とか「愛する」って「愛」はつかうイメージあるんですけど 「恋」だの「好き」だのはあんまし出てこないから貴重で。 「愛」をつかうhydeさんには、初期のような「破綻」か、この後にみられる「達観」しかないんだけど 「恋」をつかうhydeさんには、人並みの「迷い」が見える。 好きな人失ったからって「ひかりをなくしたー!」なんて狼狽するような「迷い」じゃない、ね。 一番、近いなぁと思うわけです。だから、こう、探りたくもなり、思いをはせてみたくもなるわけです。 こんな人でも、自分たちみたいに焦がれたり、ちょっとドキッとしたり、やきもきしたり、 すれ違ったり、かっこ悪いとこみせて失敗することもあったんだろうかってね。 なんたって、憧れの人そのまま射止めちゃう人だからさぁ。 同様に、VAMPSの「TIME GOES BY」の"好きだった"っていう歌詞にもニヤニヤしちゃう。 こんな人でも、自分じゃどうにもならなくて、手放さないといけなくて、 今になってふと思い返すとチリチリと胸がいたむような恋をしたのかねぇ・・・。ねぇっ!って 脳内キャッキャしはじめてジタバタして地団駄ふんでます、笑 人並みじゃない人だから、人並みであるところが人一倍目立つんですよ。ふふ。 と、いうわけで声も歌詞もトーンダウンするこの時期にぴったりなthe silver shining。 秋の夜長によろしかったらきいてみてくださいませ。 私はそんな曲を歌う当時の若かりしhydeさんを見たくなったのでDVDみまーす。