読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one day I remember

今思うこと、ある日いつか思い出す、その日のために

大きな船にのって

L'Arc
  でっかくでました。抱えてた不安も何もかもすっとんだね。 ラルク 20周年公演の収益すべてを全額寄付 開催されるのかどうかという不安、また、開催されたとしても被災者の方々を差し置いて、 電力供給の不安定な場所で行うことに対しての罪悪感等々、 いくら5月末とはいえ…というのが正直なところでした。 でも、3年前に預けた夢を見れないのもやっぱりつらい。 日本人は悲しみも喜びも、誰かと比べ、「遠慮」のフィルターでろ過してから感じるもので。 あぁ、これならば全力で楽しめそう。ほっとした。 全力で楽しんだ分が、被災者の方々のまだ見ぬつぎはぎだらけの未来につながるならば。 ほんとうに、船が大きすぎるバンドで。 たしかに、私自身も「4人だけのバンド」とはもう思えなくなってきてる。 かなえられる夢がたくさんあるのと同時に、背負った夢も数多くある。 そのことが時として、さみしかったり重くないかなって不安になったりする。でしょ? でも、今回の件で思ったのは ライブを開催をすること、中止すること、そのどちらも腑に落ちなくて、その打開策がこういう形だと わかっていても、それを実行するにはやっぱり母体がある程度大きくて 安定感がないとできないということ。 すべてのアーティストがこれと同様のことをできるとは思えない。 だから、ラルクがこんだけ大きくてよかった。 遠くて深くてどうしようもない気持ちになる。 あらためて、好きでいてよかったと思います。