読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one day I remember

今思うこと、ある日いつか思い出す、その日のために

6/6 たーぽす渡し会from誰か in 名古屋芸術創造センター

あはは、いひひ、うふふ、えへへ、おほっほぅ・・・! 口角に上から糸つなげられ引っ張られ始終上がりっぱなしです。 たかなる口角制御ですおはようございますぅ! さてさて、今日は昨日いけなかった人、または東京の会場にいた方に、 私の精一杯の幸せと妄想(半分現実)をお届けする回です、胸焼けする方はお帰りください。 行ってきましたよ!!!たーぽたーわしーいーかー、もとい、「たーぽす渡し会from誰か in 名古屋」 東京・名古屋ともに参加した皆々様、スタッフの方々、そしてシド4人のメンバー、お疲れ様でした! tps1.jpg 8時に出立、10時会場着で整理券の列に並び整理券を頂きました。 結構並んでましたがわりにすんなりいただけました。 スタッフの人が「13:30集合でーす!それまでは自由行動でーす!」っていってたのがウケた。 なん、その修学旅行みたいなの。そうそう、スタッフさんのどたばたぶりもいやにかわいらしかった。 っていうかスタッフの人たちが仲良すぎた。 「山ちゃーん!今どこまでならばせたー?」バタバタバタバタ・・・! カチッとスーツをきながらもあだ名で呼び合う彼らのちょっとお祭り騒ぎなところに癒されました。 tps3.jpg お昼はカレーです。Coco壱です。ツーショットであうというのにカレー!いつももってるはずの 携帯リセッシュをおいてきてしまった自分を悔やみました。でも夏野菜カレーヘルシーでおいしー。 マオさんだったらこのカレー臭を全力で押し付けるのになと思いました。 ほらカレーが食べたくなっただろう・・・!とかいってみたかった。 そして、メンバーにあったら何いおうかを全力で考える3人。 ゆうやさんだったら普通に会話ができそう、マオさんは「あ、本物だ。」でおわりそう、って あんがいすんなり出るのにこちらに来ると思われるあと2人に対する言葉が出てこない・・・! ネタにはしるか素直に感謝を伝えるか・・・ 私はどちらかというと後者でした。ネタやってひかれるのがいやだから! これね、会うまでは何いうか困るんですけど、会ったあとだと 不思議と、あれもあったなこれもあったなが無数にでてきました。 それがあって皆さん何回もリピートしていったんだろうね。私ももう少しだけ伝えたいことがあったけど 1回の思い出をきれいにしたかったのでA・Bそれぞれ1回にしておきました。 tps2.jpg さて、会場入り。会場はなんていうか・・・高校演劇の地区大会やら県大会につかわれそうなこぢんまりした 木目床の舞台の中ホール仕様で個人的に懐かしく感じられました。 で、開始の2時まですわって待つんですけど、落ち着かない!Chapter1でマオさんが煽るのが 今この時ばかりはいらない!っておもった。今煽んないでお願いだから・・・!死ぬ。 この気持ちをツイッターに書きたいのに携帯が圏外。けんがーい(咲)!咲いてる場合じゃないってオイ! ・・・ところで、これって今見えてる舞台で実際渡してるところみながら待てるなんて 生易しいことは・・・してくれないよね不自然に中袖幕でてるしな・・・と思ったら案の定そうでした。 ステージに上って上・下手に別れて並び客席からは見えない舞台袖にてポスターをわたすという仕組みで 本当に会うまで誰かわかんないよ!っていう状態でした。 ステージに上っても袖の隙間すら用意周到幕にさえぎられてるのでのぞくことすら不可能。 みんな、予測は立ててるけど確信が持てないのでなんだかんだで1回目会うまでは 本当にどきどきばくばくしてたとおもわれます。 そして開始。最初Aから出てきた人がわりときゃーきゃーいうのでこれは明希ちゃんかなぁと思ってました。 Bめっちゃしずか。冷静。口押さえて黙って出てきたり卒業証書もらってすたすたとあるく卒業生 ばりに出てくる人がいたりで。じゃあshinjiさんか・・・と、心構えをしてました。 が、実際は逆で、Aがshinjiさん、Bが明希ちゃんでした。なんだったんだAの叫びは。 shinjiファンが単に叫んだだけか。と、この疑問はあとで解明されることとなります。 Bが静かなのはすぐ分かった。みんな泣いてるんだよ。言葉にできない(by小田和正)。うんうん。 ではでは、ここからは私があった時の感想です。 【B.派手なブラウスやさしい人:明希ちゃん】 まず、一人前の人があってるときにちらりと左腕が見えた。派手な柄シャツ。 私はとっさにROCK AND READ 029のshinjiさんを思い出し、この直前までshinjiさんと勘違いする。 が、柄シャツ候補はもう一人いるよねって5秒前に気づいてブースにイン。 明希ちゃん、ポスターを横にもってなにやら一生懸命擦ってる、笑。静電気おこすんか・・・。 むこうもそわそわしてる感じ。 「いつもありがとうございますー。」とやわらかい物腰と低音でわたされるポスター。 「こちらこそありがとうございますー。」と受け取る私。 明希ちゃんが声を発してくれなかったら「声、頂戴(下さい)」っていうつもりだったんですけど 声は届いたので素直に感謝を言うことにしました。 「今日あえて本当にうれしかったです、ありがとうございます(ぺこり)」 「ありがとうございますー(ぺこり)」 なんかもう、これ以上この人にありがとうって言われるのがつらくなったので立ち去ることにして最後。 「埼玉で待ってますんでがんばってください!」 「はい、がんばりまー!」 ブースを出て、はて?なんかおかしいぞ。 わたしいつから埼玉県民に!!!!! ちげーよ!待ってるんじゃねーよ!私が行くんだよ福井から埼玉に! ぜんぜん明希ちゃんのほうが埼玉に近いとこすんでんじゃん!ばかあほまぬけ! すいませんもう勝手にshinjiさんとこ嫁入りしてました(ジャンピング土下座) 二度とこのようなことは言いません! 明希ちゃんにあった第一印象、わっ!おっきい!!!思いのほか背がたかくて大きい! ぐわっと、前倒しにむかってくるような感じでした。あとでshinjiさんのときと比べて思ったんですけど、 この異常なまでに明希ちゃんが大きく見えたのってオーラでしょうね。 声はぽやぽやなのに存在はガオー!なんです(酷いニュアンス)。髪型もそんな感じだったしね。 なんかそんなオーラの人なのに始終ありがとうと言われるもんだから、 いや、もう、いいから、なんか今ちょっとしばらく休んでくださいって思っちゃったよ。 疲れてる、ってわけでもなさそうだったけどなんか晴れてないなっておもった。気持ちが。 あれだ、メジャーデビューしてからしばらくしての、スランプに入ったときの明希ちゃんっぽい。 ありがとう、無理しないで。 だれか彼を1週間ほど南の島へ連れてったってください。 【A.黒いイケメンずるい人:Shinjiさん】 さて、明希ちゃんにあったことで大体の時間と話すタイミングというのがつかめたので 冷静にいける!とおもったのですが10人前ぐらいになると脈がどっどっどっ!と激しくなりました。 先ほど明希ちゃんファンの友達は会った直後号泣してたので、わたしもそないなもんになるんかなと 思いながら、スタッフさんに整理券をわたす。胸に手をあてているとスタッフさんがクスっと笑って 「深呼吸、だいじですよね。」って行ってくれました。いい人・・・! Aブースのいいところは、一人前の人がたーぽすをもらうところを実際に見れるということ。 この時点でshinjiさんを見ることができ、心の準備ができるということでした。 そう、なのでもう話すことはしっかり決められました。しかもうれしいことに前がギターキッズだったのね。 ちょっと話し込んでくれてグッジョブ男子!と思いました。 で、で、第一印象はといいますと。 何この人普通にかっこいいんですけど超イケメンなんですけどどうしたらいいんですかマオさん・・・! と、心の中で東京にいるマオさんに助けを求めました、なぜか。 Tシャツに黒ベストというナチュラルな服装に、髪は適度にはねさせて、典型的な美容師さんスタイル。 そして、あれ、なんだか明希ちゃんよりちっちゃくみえる・・・なんで?という疑問が生じました。 痩せてしゅっとしてるからか、腰をかがめてお話をしていたからなのか。オーラの差か。 だって、この人そこらにいる普通のイケメンのバイトのにーちゃんみたいだよ!!! 脈拍最高潮になりながらいざ参る。 こちらにも話したいことがあるように、向こうもたーぽすをわたしたいという意思があります。 ただ、こちらはわたされたら最後、という焦りの気持ちがあるのでとにかく矢継ぎ早に話そうとしますよね。 ただ、そんなにあわてなくてもそれなりに話す時間がもててたようなので私はとりあえず先に たーぽすをわたすShinjiさんにタイミングをあわせました。 Shinjiさんは丁寧にそれを両手にもち丁寧にわたしてきました。低音ボイスによる自己紹介つきで。 「こんにちはー。シドのshinjiです。」 「はい、ありがとうございm・・・」 ぴと。 は? ポスターをわたすShinjiさんの手がわずかにポスターをもらう私の手に触れる。意図的に。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ほぎゃああああああああああああああああっ!(心でムンクの叫び) コンマ一秒でさっ!と手を引き後ずさって、マオさんばりに乙女になって口元に手を当てました。 ああ・・・ああ・・・Aブースの叫びの原因はこれね。 この紳士で丁寧な挨拶と、名刺交換のようなセールスマン的たーぽす渡しと、ナチュラルなボディタッチ。 ああああああああああああこのイケメンずるい人おおおおおおおおおお! 私はもう口にしたくてどうしようもないことを全力で言いました。 「あの・・・!胡散臭い抜きにして本気でかっこいいですよね!!!」 Shinjiさん苦笑の後、破顔で「そこはぬきにしようよ~。」と返答。 その返答で逆にわたしの腰抜けた・・・。骨抜かれた・・・。 ぬきにします!ぬきにしたいです! だけど、だけど胡散臭いぬきにしたらごめんshinjiさん本当にただのイケメンになっちゃうから駄目です! そんなShinjiさんはシドのギタリストじゃなくてよ。だからこれからもしつこく胡散臭いっていいます! でも、でも、この日shinjiさんにあったshinjiファンは1ミリのズレもなくこう思ったはずです。 「この人本当の本当にイケメンだ。」と。かっこよかった。非常にどツボなShinjiさんでした。100点。 本当はこのあと「今日のたーぽす渡し会、なんか予防接種みたいでどきどきしました!」とか Shinjiさんの注射嫌いをひっぱりだすネタ的なこともいいたかったのですが、この時点で大満足だったので あとは「埼玉行くんでがんばってください!」といって去りました。 今度は「待ってる。」なんていわなかったよ。そんな恐れ多いこと・・・! さて、本命にあった私の反応はといいますと。 泣きはしませんでしたがものっすごく挙動不審におちいりました。 とにかく、足じたばたさせながらもういてもたってもいられなくなってどこかに寝転んで「あー!」って 言いたい!とおもって足早にホールからでて、追加CD販売所の前でずしゃああああっ!と寝転びました。 それをはたから見た友達は、「なんか、尋常じゃなかった。」とのことでした。 うんうん・・・!尋常じゃなかったよ、そうか、そうなのか・・・本命メンバーにあえるってこんなに 沸き立つものなんですね、うわああああ気持ちが抑えらんない助けてええええええ! と、隣にいた友達待ちのエリカ様似の美人女子に声をかけられた時、テンションMAXで今しがたあったことを 全部話しました。戻ってきた友達にハイタッチしました。4半世紀でもまだまだ気持ちは若いよ! おねーさんもう、うっきうきでっれでれよ。 と、いうわけでですね。たーぽす渡し会。非常に、異常に楽しかったです。 少しは伝わりましたでしょうか、気持ち悪さが。あ、それだけ伝われば本望です。 このあと、ひょっとしたら追記するかもです。友達があったときの会話とかもね、含めて。 途中、twitterで実況しながら、東京の状況もきいたり、いろんな人とよろこびを分かち合ったりして その、わたされる瞬間以外のところでもほんとうに楽しめました。イベント全体を。 7月末までが遠いなぁと思ってましたが、鋭気を養えました。うっし、埼玉までがんばる。 【追記】 ・当日の参加券A・Bの売れ行きは・・・B圧勝。目の前で買われていくのはすべてBでした。 ま、最初みんなAもってたしな・・・と思っている横で、「じゃあ!また、Bでお願いします!!!」 リピーター多し。ぬうううううう、なんで、なんでなんだ。何で世のシドファンみんなShinjiファンじゃ ないんだ!と、ツイッターのフォロワーさんがつぶやいていたことを私もしつこく思うのでした。 イケメンなのに、胡散臭くないイケメンなのに。 ・男子がだれか「ふなき!」をやっていたらしい。がんばったな。 私ならば「舟木選手はあの時いちばんジャンプの形がきれいだったんですよね。 原田選手のブレがあったジャンプに対して。Shinjiさんがまねしたくなるお気持ちわかります。 実にShinjiさんらしい。」とかマジレスして逆に引かせる自信が、今ならある。 ちなみに私そのとき中2です。 そうそうGLAY兄さんが「誘惑」と「SOUL LOVE」を出していた年でもありますね。 ・前日の大阪で今回一緒に行った子の友達が、Shinjiさんにあった際「金髪いやです。」と いったところ、隣にいたスタッフが「だって。」とShinjiさんに促したそう。なにそのやりとりー! それに続くようにして名古屋で「友達が金髪いやっていってたんですけど私全然金髪好きですから!」 といったところ、「うん、賛否両論だね。」と冷静に返してきたそうな。 冷静に一言一言コメントをかえすShinjiさんにだだ萌えするどうしようもないShinjiファンの私。 金髪、生でみたらそれはそれでかっこよかったのかもしれない。 ・明希ファンの子、1度目に会って号泣し、あとで冷静になったところで 「はっ!明希様の匂いをかいでない!」と気づき2℃目にGO。 (それだけが理由じゃないと思うけど)帰ってきてまた号泣。 自分が明日から保育実習であることを言い「『がんばって』って言ってください。」という前に、 明希ちゃんの方から自然と「がんばってね。」と言葉が返ってきたことに感動したとのこと。 なおかつ、聞き取りにくい自分の名前を一発で聞き取ってくれて ちゃんと名前を呼んでくれたとのことでもう、感無量状態。 が、やっぱり明希ちゃんの匂いをかぐのをすっかり忘れていたらしい、笑 ちなみに、私も多少香水の匂いを期待して入ったんですけどそんなに匂わなかったよ? 休憩明けがにおいきつかったそうです。 と、いうことです。いろんな人のレポをちょくちょくあさってますが、 Shinjiさんに頭ぽんぽんしてもらったっていう人がいてひいいいぃぃぃぃ!ってなりました。 欲を言うなら私、もう少しShinjiさんをちゃんと見上げたかったです。 ちょっと背筋伸ばして立ってもらいたかったかも。あとからでてくるよねー、こういうのは。