読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one day I remember

今思うこと、ある日いつか思い出す、その日のために

ルーツ

ゆうやのルーツがジュディマリの「DAYDREAM」なこと(@シドラジ)に 思わず自分の思春期が戻ってきたー!激しく胸高鳴った。 うわああああああちょ、ほんと、懐かしすぎる・・・。 私、シドのなかで申し訳ないぐらい「ゆうやんどうでもいい派」なんですけど、 これでちょっと彼への興味が増しました。 あのね、ジュディマリは話したら長いよ。結局は兄の影響なんだけどさ。 中学の英語の授業で好きなアーティスト紹介するっていうのでジュディマリにしたもん。 ちなみに出席番号で私より1個前の子がラルク紹介してました。切り抜き上げたな確か。 そのころは恩ちゃん(ベース)とTAKUYA(ギター)の見分けつかなくてあせったわ。 曲的におとなしめのまったりしたの作ってる恩ちゃんが実はドパンクな格好してるほうで、 わりと激しいとげがある曲をつくってるTAKUYAがあっさりした格好しているという ふしぎなメンバーでした。よくね、YUKIちゃんとTAKUYAが仲悪いたらそんなうわさがあったね。 「そばかす」「クラシック」「くじら12号」と、このあたりのシングル出してたころがいっちばんいきおい があった時期で、この3曲がはいってるアルバムの9曲目の「風に吹かれて」っていう曲が またものっすごくいいんだわ。YUKIちゃんの声もそんなにつんとしてなくてわりとすらっと流れるように 歌ってるのが印象的。 1曲目の「BIRTHDAY SONG」が意外とすきなんですが、 これちょっと大人になったときに歌詞読み返したらエロいんだってことに気づいて苦笑。 部活の部長と部員一人もジュディマリ好きでよく2曲目の「ラブリーベイベー」を歌ってたなぁ。 「LOVER SOUL」の歌詞に「これってちょっとエロいよね!」ってキャッキャしてる部長が いたね。思春期真っ盛りの女子よ。ほんと。声がとってもYUKIちゃんに似てた。 その「LOVER SOUL」が入ってるアルバムでは「ジーザス!ジーザス!」って曲が好きです。 歌詞が、乙女度3割り増しのマオさんが書きそうなかんじ。 あと、昔の曲だとその頃読んでた漫画に使われていた曲で「小さな頃から」と、めちゃイケ(「モテ」のころかな?)エンディングで使われてた、「BLUE TEARS」が好き。 もちろん「DAYDREAM」もね!あのずれたテンポをカラオケで歌うのは至難の業です。 ずれた感じとバックの音の安っぽさがあぁ、パンクなんだなぁとおもった。 ゆうやんじゃないけど、イントロは挑戦してみたくなるよね。 ラルクの「HONEY」のイントロ聞いたときと一緒だ。 YUKIちゃんがソロになってからの1stはまだまだジュディマリ感が残ってて、しかもわりと とげとげしくて研ぎ澄まされた音でした。まだ多少なりとがしゃがしゃ音が多い感じもあって、 バンドサウンドだった。そのなかで「66db」って曲が好きでした。むちゃくちゃ声高くて歌えん。 アルバム借りてこようかな。いろいろと。 ふと、自分のルーツはなんだろう、と考える。 初めて買ったシングルはじつはとんねるずの「情けねぇ」なんですよ、笑 でも、聞き続けたいと思ったのはなんだった?やっぱりドリカムかなぁ。 アルバム曲にワルツがあったの。四季を歌う曲で。それがはじまり、かな? シングルとしてほしいとおもったのは「サンキュ」。 なんだかんだで、兄の傍らで聞いていた曲は今でもしっかりと耳に残っているのです。 バンドサウンドが好きでありながらも、この90年代に流れまくっていたメロディ主体の J-POP歌謡曲がこびりついてはなれない。だから、シドが好きよ。きっと。