読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one day I remember

今思うこと、ある日いつか思い出す、その日のために

とりあえず一筆

メガネ(shinji君のみ) 手(shinji君のみ) ブーツイン、 襟ぐり広いTシャツから除くインナーのタンクトップと肩、 女の子座り、 ここ最近の私のフェチがだーっと出てきて、 私の幸せ貯金が溢れ出し、貯蓄残高が一気に激減するはめに(ハチクロ8巻参照) ぎゃー!そんないっぺんにだされたら私もうどうしていいやら眼も当てられないいいいいいい。 ご利用は計画的にです。小出しにお願いします。嘘、うそうそ。全部見れて嬉しい。 あの2階席ちょうどよかった。 頭のてっぺんからつま先まで全部見えてペロッとツルっといただいた。ごめん、マオさん。 明希ちゃんの地元なだけあってみんなが明希ちゃんに優しいライブでした。 マオさんがなんだか保護者のように彼をたてていました。見守っていました。 最後だって、マオさん、あえて自分はマイクで「愛してます」いって。 (だと思う、けして声の調子が悪かったとかじゃなくて) なのに明希ちゃんの生声「愛してます!」はなかったな。私はいうんだと思ってた。 いいんです、なつっこいのに恥ずかしいことはいえないそんな明希ちゃんのままでいてくださいな。 恥ずかしいことは年上二人にまかせときゃーいいってもんよ。 いやー、一人参戦で、周りがどファン(そりゃあFCチケット席だったもの)で、始まった瞬間、 独特のあのメンバーコール(マオさんも疑問視してましたがあれは彼が躾けたものではないの?) にびっくりして慄いてしまったんですが、循環の前のころのメンバーコール時には自然と 自分もそうなってたのが大ウケでした。っていうかあのイントネーションだと声だしやすいんだわ。 終わった後、「お疲れ様ですー。後ろうるさくてごめんなさい。」と後ろでがんばってたファンの子に 挨拶されて、あぁ、この子達はわかってわきまえてやってるんだなって思った。いい子達。 ここをね、メンバーにはぜひとも見てほしいと思うわ。あれだけデスボイス張り上げてた子が 礼儀正しく挨拶する様。このギャップたまらんね。好きになっちゃうよ。 でも正直女の子には女の子らしくキャーキャーしてもらったほうが私は個人的には好きです。 2階席、がんばってたよね。少ないながらに。上手側は必死でやってました。 声だし大会のとき、なんて叫ぶか指定されてなくてわからないのに、 マオさんが「ゆうやあげる!(投げやり)」っていったもんだから、じゃあ「ゆうやー!」か。 というのがきっと以心伝心で伝わってたよあの一帯。 最近、周りのファンに恵まれて楽しめることがほんとに多くて幸せです。 ありがとう。そのたび気づかされる。周りで0にでも100にでもなれる。 たとえアーティストが100%楽しませてくれなくても(不本意ではあるが)、 周りで楽しくなれることもある。 もちろん、その逆だってあるけどね。いろいろライブにいくと本当にそれが分かる。